みやこのもりこども園について          みやこのもりこども園について
   保育のこと 園長紹介



松任 厚子(まっとう あつこ)


おはようございます!!の元気な挨拶から、みやこのもりこども園の朝が始まります。今日

はなにしようかな〜と毎日ワクワク楽しそうな子ども達がやって来ます。子ども達は遊び

の中から楽しみを見つけることがとても上手です。まずは、「自分で考え、判断し、行動

できる」子ども達の姿が小さいながらも頼もしく、未来に向かって輝いています。そんな子

ども達をお母さんのような気持ちで、「人としての基本」が身につけられるよう、私たちは

見守り、接しています。
   認定こども園とは
   子育て支援
   一時預かり保育
   園までの道のり
   感染症情報
   求人情報
   お問い合わせ
     


                              


  概 要


名称   社会福祉法人 みやこのもりこども園

開園   1950年

所在   〒920-0921 石川県金沢市材木町13番40号

敷地   2882.14u

総定員  100名

入所定員 0歳児 11名  1歳児 15名  2歳児 18名

     3歳児 18名 4歳児 19名  5歳児 19名

TEL  076−221−6588

FAX  076−221−6181


     E-mail:kodom023@spacelan.ne.jp

情報公開

                               


  沿 革


1950    金沢市材木保育園設立(旧材木保育園)


1953    材木幼稚園開園(旧桜華幼稚園開園)


1956    社会福祉法人材木善隣館に委託(旧材木保育園)


1964    材木善隣館材木保育園に改名(旧材木保育園)


1965    学校法人 認可(旧桜華幼稚園)


1979    園名を学校法人 桜華幼稚園とする(旧桜華幼稚園)


        園舎新築 運動場付設(旧桜華幼稚園)


1980    園舎を鉄筋コンクリート2階建てに新築(旧材木保育園)


1985    乳児保育・延長保育開始(旧材木保育園)


2000    一時保育・統合保育を開始(旧材木保育園)


2005    旧材木保育園・旧桜華幼稚園 幼保連携保育を実施


2007    石川県認定 みやこのもり子ども園となる


2015    幼保連携型認定こども園 社会福祉法人 材木善隣館

                       みやこのもりこども園となる


                               


  教室


リトミック教室  3歳児対象



音楽を通して楽しい表現活動をしています。見て、聞いて、触れて…五感で

受けた信号を身体的行動に移行させる事で、集中力や感覚機能を発達させる

事を目的としています。





体育教室   4・5歳児対象



運動の基礎となる身体機能の発達を促すあそびを取り入れながら、跳び箱、

マット運動、鉄棒なども使って、楽しく体を動かします。 





スイミング教室   4・5歳児対象



小立野金沢スイミングクラブまで送迎バスで出かけ、大きなプールで水に慣れ

ることからスタートし、浮き身、腰かけキック、バタ足、背面キック、クロ

ール、飛び込みなど、レベルアップしていきます。4人のコーチが楽しく丁

寧に指導してくれます。





英語教室  5歳児対象



外国人の先生と一緒に子ども達の五感をフルに活用し、楽しいレッス ンを

通して異文化に触れ、英語に親しみます。


                               


  学びの教室

9月から5歳児を対象に、小学校入学に向けて『学びの教室』を行っています。

学びと言っても小学校で学ぶことをするのではありません。

幼児期にしか身に付かない力を大切に考え、小学校で学ぶ前の準備を丁寧に行

うこと、これをみやこのもりの教育と呼びます。


日本の文化・・・金沢ならではの文化に触れたり、普段経験できない事を経験することが出来ます。

体育・・・・・・組み体操やサッカー、なわとびを通して『出来た!』という喜びから自信につなげます。

読み、書き、数・・・ひらがなや10までの数を読んだり数えたりする。正しい鉛筆の持ち方で自分の名前を書く。10までの数の増減が分かるようになることを目標に、数に触れることからはじめます。

音楽・・・・・・楽器に触れて演奏方法を学びながら表現することや友達と合わせることの楽しさを味わう。

製作・・・・・・様々な素材を使って工夫して作ることを楽しんだり、感謝の気持ちを込めて卒園製作に取り組む。